27 Mar 2016, 20:00

書評: Site Reliability Engineering

Share

英語だけどぜひ読んでほしい

Site Reliability Engineering: How Google Runs Production Systems

参考になったのでご紹介。Googleのインフラ/Ops系技術チームの働き方や考え方を題材にした本です。GoogleのSREについては断片的に知っていたのですが、まとめて読むと違いますね。背景やストーリーがあって、理解しやすいです。

共感できるネタがどんどん繰り出されるので、一気読みしました。読み込みが浅いところもあったので、改めて読む予定。

以下、印象に残ったこと。

  • Site Reliability Engineering teamは、インフラ/Ops担当であるが、Unix内部やネットワークなどインフラの知見を持つソフトウェアエンジニアの集団。自分たちのオペレーションを効率的に、迅速に、確実にするために、コードを書く。

  • インシデント対応、問い合わせ対応、手作業は仕事の50%に収まるように調整する。残りの時間は自分たちの仕事をより良く、楽にするために、コードを書く。

  • 日々のリアクティブな活動に忙殺されるインフラ/Ops担当はどうしても減点評価になりがちだが、仕事の半分がプロアクティブな活動であり、成果を加点評価できる。昇格、昇給の根拠になりやすい。

  • アプリ/製品チームとSREチームは”Error Budget”を定義、共有する。これは四半期ごとに定義される、サービスレベル目標である。ユーザがサービスを使えなくなると、その時間が、このError Budgetから取り崩されていく。Budgetが残り少なくなると、リスクを伴うデプロイなどは控える。

  • インフラ/Ops担当は「サービスを少しでもダウンさせたら悪」となりがちだが、サービスごとにアプリ/製品チームとSREチームがError Budgetを共有することで、利害関係を一致できる。

  • Error Budgetの大きさはサービスごとに異なり、定義は製品チームの責任。当然Error Budgetが少ない = サービスレベルが高い = コストがかかる ので、製品チームはいたずらに高いサービスレベルを定義しない。Google Apps for WorkとYoutubeのError Budgetは異なる。Appsはサービスレベル重視であり、Youtubeは迅速で頻繁な機能追加を重視する。

  • SLA違反など、重大な障害では”Postmortem(過激だが死体解剖の意)“を作成し、失敗から学ぶ。客観的に、建設的に。誰かや何かを責めるためにやるわけではない。マサカリ投げない。

  • 他の産業から学ぶ。製造業のビジネス継続プラン、国防のシミュレーションや演習、通信業の輻輳対策など。

もう一回読んだら、また違う発見があるんじゃないかと。

自分ごととして読みたい

今後の働き方や所属組織に行き詰まりを感じているインフラ/Ops技術者に、参考になるネタが多いと思います。

DevOpsムーブメントが来るか来ないかという今、Opsとしてのスタンスを考え直すのにも、いいかもしれません。

もちろん、Googleの圧倒的物量、成長スピードゆえのミッションと働き方である事は否定しません。でも、自分とは無関係、と無視するにはもったいないです。

なお、このSREチーム、できてから10年以上たっているそうです。それだけ持続できるということは、そこに何か本質的な価値があるのではないでしょうか。

オススメです。