November 28, 2017

Azure Blob アップローダーをGoで書いた、そしてその理由

Azure Blob アップローダーをGoで書いた

ふたつほど理由があり、GolangでAzure Blobのファイルアップローダーを書きました。

ひとつめの理由: SDKが新しくなったから

最近公式ブログで紹介された通り、Azure Storage SDK for Goが再設計され、プレビューが始まりました。GoはDockerやKubernetes、Terraformなど最近話題のプラットフォームやツールを書くのに使われており、ユーザーも増えています。再設計してもっと使いやすくしてちょ、という要望が多かったのも、うなずけます。

ということで、新しいSDKで書いてみたかった、というのがひとつめの理由です。ローカルにあるファイルを読んでBlobにアップロードするコードは、こんな感じ。

(2018/6/17) 更新

  • SDKバージョンを 2017-07-29 へ変更
  • 関数 UploadStreamToBlockBlob を UploadFileToBlockBlob に変更
  • Parallelism オプションを追加
  • ヘルパー関数 handleErrors を追加

    package main
    
    import (
    	"context"
    	"flag"
    	"fmt"
    	"log"
    	"net/url"
    	"os"
    
    	"github.com/Azure/azure-storage-blob-go/2017-07-29/azblob"
    )
    
    var (
    	accountName    string
    	accountKey     string
    	containerName  string
    	fileName       string
    	blockSize      int64
    	blockSizeBytes int64
    	parallelism    int64
    )
    
    func init() {
    	flag.StringVar(&accountName, "account-name", "", "(Required) Storage Account Name")
    	flag.StringVar(&accountKey, "account-key", "", "(Required) Storage Account Key")
    	flag.StringVar(&containerName, "c", "", "(Required - short option) Blob Container Name")
    	flag.StringVar(&containerName, "container-name", "", "(Required) Blob Container Name")
    	flag.StringVar(&fileName, "f", "", "(Required - short option) Upload filename")
    	flag.StringVar(&fileName, "file", "", "(Required) Upload filename")
    	flag.Int64Var(&blockSize, "b", 4, "(Optional - short option) Blob Blocksize (MB) - From 1 to 100. Max filesize depends on this value. Max filesize = Blocksize * 50,000 blocks")
    	flag.Int64Var(&blockSize, "blocksize", 4, "(Optional) Blob Blocksize (MB) - From 1 to 100. Max filesize depends on this value. Max filesize = Blocksize * 50,000 blocks")
    	flag.Int64Var(&parallelism, "p", 5, "(Optional - short option) Parallelism - From 0 to 32. Default 5.")
    	flag.Int64Var(&parallelism, "parallelism", 5, "(Optional) Parallelism - From 0 to 32. Default 5.")
    	flag.Parse()
    
    	if (blockSize < 1) || (blockSize > 100) {
    		fmt.Println("Blocksize must be from 1MB to 100MB")
    		os.Exit(1)
    	}
    	blockSizeBytes = blockSize * 1024 * 1024
    
    	if (parallelism < 0) || (parallelism > 32) {
    		fmt.Println("Parallelism must be from 0 to 32")
    		os.Exit(1)
    	}
    }
    
    func handleErrors(err error) {
    	if err != nil {
    		if serr, ok := err.(azblob.StorageError); ok { // This error is a Service-specific
    			switch serr.ServiceCode() { // Compare serviceCode to ServiceCodeXxx constants
    			case azblob.ServiceCodeContainerAlreadyExists:
    				fmt.Println("Received 409. Container already exists")
    				return
    			}
    		}
    		log.Fatal(err)
    	}
    }
    
    func main() {
    	file, err := os.Open(fileName)
    	handleErrors(err)
    	defer file.Close()
    
    	fileSize, err := file.Stat()
    	handleErrors(err)
    
    	u, _ := url.Parse(fmt.Sprintf("https://%s.blob.core.windows.net/%s/%s", accountName, containerName, fileName))
    	blockBlobURL := azblob.NewBlockBlobURL(*u, azblob.NewPipeline(azblob.NewSharedKeyCredential(accountName, accountKey), azblob.PipelineOptions{}))
    
    	ctx := context.Background()
    
    	fmt.Println("Uploading block blob...")
    	response, err := azblob.UploadFileToBlockBlob(ctx, file, blockBlobURL,
    		azblob.UploadToBlockBlobOptions{
    			BlockSize: blockSizeBytes,
    			Progress: func(bytesTransferred int64) {
    				fmt.Printf("Uploaded %d of %d bytes.\n", bytesTransferred, fileSize.Size())
    			},
    			Parallelism: uint16(parallelism),
    		})
    	handleErrors(err)
    	_ = response // Avoid compiler's "declared and not used" error
    
    	fmt.Println("Done")
    }
    

以前のSDKと比較し、スッキリ書けるようになりました。進行状況もPipelineパッケージを使って、楽に取れるようになっています。ブロック分割のロジックを書く必要もなくなりました。ブロックサイズを指定すればOK。

ちなみにファイルサイズがブロックサイズで割り切れると最終ブロックの転送がエラーになるバグを見つけたのですが、修正してもらったので、次のリリースでは解決していると思います。

ふたつめの理由: レガシー対応

Blobのアップロードが目的であれば、Azure CLIをインストールすればOK。以上。なのですが、残念ながらそれができないケースがあります。

たとえば。Azure CLI(2.0)はPythonで書かれています。なので、Pythonのバージョンや依存パッケージの兼ね合いで、「ちょっとそれウチのサーバーに入れるの?汚さないでくれる?ウチはPython2.6よ」と苦い顔をされることが、あるんですね。気持ちはわかります。立場の数だけ正義があります。Docker?その1歩半くらい前の話です。

ですが、オンプレのシステムからクラウドにデータをアップロードして処理したい、なんていうニーズが急増している昨今、あきらめたくないわけであります。どうにか既存環境に影響なく入れられないものかと。そこでシングルバイナリーを作って、ポンと置いて、動かせるGoは尊いわけです。

ファイルのアップロードだけでなく、Azureにちょっとした処理を任せたい、でもそれはいじりづらいシステムの上なのねん、って話は、結構多いんですよね。ということでシングルバイナリーを作って、ポンと置いて、動かせるGoは尊いわけです。大事なことなので2回書きました。

C#やNode、Python SDKと比較してGoのそれはまだ物足りないところも多いわけですが、今後注目ということで地道に盛り上がっていこうと思います。

© Copyright 2019 Toru Makabe

Powered by Hugo & Kiss.