March 27, 2018

Azure DNS Private Zonesの動きを確認する

プライベートゾーンのパブリックプレビュー開始

Azure DNSのプライベートゾーン対応が、全リージョンでパブリックプレビューとなりました。ゾーンとプレビューのプライベートとパブリックが入り混じって、なにやら紛らわしいですが。

さて、このプライベートゾーン対応ですが、名前のとおりAzure DNSをプライベートな仮想ネットワーク(VNet)で使えるようになります。加えて、しみじみと嬉しい便利機能がついています。

  • Split-Horizonに対応します。VNet内からの問い合わせにはプライベートゾーン、それ以外からはパブリックゾーンのレコードを返します。
  • 仮想マシンの作成時、プライベートゾーンへ自動でホスト名を追加します。
  • プライベートゾーンとVNetをリンクして利用します。複数のVNetをリンクすることが可能です。
  • リンクの種類として、仮想マシンホスト名の自動登録が行われるVNetをRegistration VNet、名前解決(正引き)のみ可能なResolution VNetがあります。
  • プライベートゾーンあたり、Registration VNetの現時点の上限数は1、Resolution VNetは10です。

公式ドキュメントはこちら。現時点の制約もまとまっているので、目を通しておきましょう。

動きを見てみよう

公式ドキュメントには想定シナリオがあり、これを読めばできることがだいたい分かります。ですが、名前解決は呼吸のようなもの、体に叩き込みたいお気持ちです。手を動かして確認します。

事前に準備する環境

下記リソースを先に作っておきます。手順は割愛。ドメイン名はexample.comとしましたが、適宜読み替えてください。

  • VNet *2
    • vnet01
    • subnet01
      • subnet01-nsg (allow ssh)
    • vnet02
    • subnet01
      • subnet01-nsg (allow ssh)
  • Azure DNS Public Zone
    • example.com

Azure CLIへDNS拡張を導入

プレビュー機能をCLIに導入します。いずれ要らなくなるかもしれませんので、要否は公式ドキュメントで確認してください。

$ az extension add --name dns

プライベートゾーンの作成

既存のゾーンを確認します。パブリックゾーンがあります。

$ az network dns zone list -o table
ZoneName      ResourceGroup             RecordSets    MaxRecordSets
------------  ----------------------  ------------  ---------------
example.com   common-global-rg                   2             5000

プライベートゾーンを作成します。Registration VNetとしてvnet01をリンクします。現時点の制約で、リンク時にはVNet上にVMが無い状態にする必要があります。

$ az network dns zone create -g private-dns-poc-ejp-rg -n example.com --zone-type Private --registration-vnets vnet01

同じ名前のゾーンが2つになりました。

$ az network dns zone list -o table
ZoneName      ResourceGroup             RecordSets    MaxRecordSets
------------  ----------------------  ------------  ---------------
example.com   common-global-rg                   2             5000
example.com   private-dns-poc-ejp-rg             1             5000

Registration VNetへVMを作成

VMを2つ作ります。1つにはインターネット経由でsshするので、パブリックIPを割り当てます。

$ BASE_NAME="private-dns-poc-ejp"
$ az network public-ip create -n vm01-pip -g ${BASE_NAME}-rg
$ az network nic create -g ${BASE_NAME}-rg -n vm01-nic --public-ip-address vm01-pip --vnet vnet01 --subnet subnet01
$ az vm create -g ${BASE_NAME}-rg -n vm01 --image Canonical:UbuntuServer:16.04.0-LTS:latest --size Standard_B1s --nics vm01-nic
$ az network nic create -g ${BASE_NAME}-rg -n vm02-nic --vnet vnet01 --subnet subnet01
$ az vm create -g ${BASE_NAME}-rg -n vm02 --image Canonical:UbuntuServer:16.04.0-LTS:latest --size Standard_B1s --nics vm02-nic

パブリックIPをパブリックゾーンへ登録

Split-Horizonの動きを確認したいので、パブリックIPをパブリックゾーンへ登録します。

$ az network public-ip show -g private-dns-poc-ejp-rg -n vm01-pip --query ipAddress
"13.78.84.84"
$ az network dns record-set a add-record -g common-global-rg -z example.com -n vm01 -a 13.78.84.84

パブリックゾーンで名前解決できることを確認します。

$ nslookup vm01.example.com
Server:         103.5.140.1
Address:        103.5.140.1#53

Non-authoritative answer:
Name:   vm01.example.com
Address: 13.78.84.84

Registration VNetの動きを確認

vnet01のvm01へ、パブリックIP経由でsshします。

$ ssh vm01.example.com

同じRegistration VNet上のvm02を正引きします。ドメイン名無し、ホスト名だけでnslookupすると、VNetの内部ドメイン名がSuffixになります。

vm01:~$ nslookup vm02
Server:         168.63.129.16
Address:        168.63.129.16#53

Non-authoritative answer:
Name:   vm02.aioh0amlfdze5drhlpb1ktqwxd.lx.internal.cloudapp.net
Address: 10.0.0.5

ドメイン名をつけてみましょう。Nameはvnet01にリンクしたプライベートゾーンのドメイン名になりました。

vm01:~$ nslookup vm02.example.com
Server:         168.63.129.16
Address:        168.63.129.16#53

Non-authoritative answer:
Name:   vm02.example.com
Address: 10.0.0.5

逆引きもできます。

vm01:~$ nslookup 10.0.0.5
Server:         168.63.129.16
Address:        168.63.129.16#53

Non-authoritative answer:
5.0.0.10.in-addr.arpa   name = vm02.example.com.

Authoritative answers can be found from:

Split-Horizonの動きを確認

さて、いま作業をしているvm01には、インターネット経由でパブリックゾーンで名前解決してsshしたわけですが、プライベートなVNet内でnslookupするとどうなるでしょう。

vm01:~$ nslookup vm01.example.com
Server:         168.63.129.16
Address:        168.63.129.16#53

Non-authoritative answer:
Name:   vm01.example.com
Address: 10.0.0.4

プライベートゾーンで解決されました。Split-Horizonが機能していることが分かります。

あ、どうでもいいことですが、Split-Horizonって戦隊モノの必殺技みたいなネーミングですね。叫びながら地面に拳を叩きつけたい感じ。

Resolution VNetの動きを確認

vnet02を作成し、Resolution VNetとしてプライベートゾーンとリンクします。そして、vnet02にvm03を作ります。vm03へのsshまで一気に進めます。

$ BASE_NAME="private-dns-poc-ejp"
$ az network vnet create -g ${BASE_NAME}-rg -n vnet02 --address-prefix 10.1.0.0/16 --subnet-name subnet01
$ az network vnet subnet update -g ${BASE_NAME}-rg -n subnet01 --vnet-name vnet02 --network-security-group subnet01-nsg
$ az network public-ip create -n vm03-pip -g ${BASE_NAME}-rg
$ az network dns zone update -g private-dns-poc-ejp-rg -n example.com --resolution-vnets vnet02
$ az network nic create -g ${BASE_NAME}-rg -n vm03-nic --public-ip-address vm03-pip --vnet vnet02 --subnet subnet01
$ az vm create -g ${BASE_NAME}-rg -n vm03 --image Canonical:UbuntuServer:16.04.0-LTS:latest --size Standard_B1s --nics vm03-nic
$ az network public-ip show -g private-dns-poc-ejp-rg -n vm03-pip --query ipAddress
"13.78.54.133"
$ ssh 13.78.54.133

名前解決の確認が目的なので、vnet01/02間はPeeringしません。

では、vnet01上のvm01を正引きします。ドメイン名を指定しないと、解決できません。vnet02上にvm01がある、と指定されたと判断するからです。

vm03:~$ nslookup vm01
Server:         168.63.129.16
Address:        168.63.129.16#53

** server can't find vm01: SERVFAIL

ではプライベートゾーンのドメイン名をつけてみます。解決できました。

vm03:~$ nslookup vm01.example.com
Server:         168.63.129.16
Address:        168.63.129.16#53

Non-authoritative answer:
Name:   vm01.example.com
Address: 10.0.0.4

Resolution VNetからは、逆引きできません。

vm03:~$ nslookup 10.0.0.4
Server:         168.63.129.16
Address:        168.63.129.16#53

** server can't find 4.0.0.10.in-addr.arpa: NXDOMAIN

ところでRegistration VNetからResolution VNetのホスト名をnslookupするとどうなるでしょう。

$ ssh vm01.example.com
vm01:~$ nslookup vm03
Server:         168.63.129.16
Address:        168.63.129.16#53

** server can't find vm03: SERVFAIL

vm01:~$ nslookup vm03.example.com
Server:         168.63.129.16
Address:        168.63.129.16#53

** server can't find vm03.example.com: NXDOMAIN

ドメイン名あり、なしに関わらず、名前解決できません。VNetが別なのでVNetの内部DNSで解決できない、また、Resolution VNetのVMはレコードがプライベートゾーンに自動登録されないことが分かります。

© Copyright 2019 Toru Makabe

Powered by Hugo & Kiss.