December 9, 2014

OpenStackと長期バージョン固定

このエントリーは、OpenStack (2枚目) Advent Calendar 2014の9夜目担当作品です。

ソフトウェア、バージョン、サポート

たいていのソフトウェアには、バージョンがあります。そしてそれぞれのソフトウェアには「直近2バージョンをサポートする。ユーザーがそれよりも古いバージョンを使いたい場合、ベストエフォートで対応する。サポート対象外のバージョンで不具合対応ができるかどうかは、場合による。」なんていうポリシーがあったりします。

進化著しいソフト、OpenStackでは

OpenStackは現在、半年ごとにアップデートします。進化が早いです。そして公式サイトを見て分かるとおり、直近2バージョンがサポート対象です。ちょっと短いですね。長期サポートよりも新規開発を優先しているわけですが、「もうちょっと長くサポートしてくれんか」というのが人情でしょう。

でも、長期バージョン固定するとどうなるか

では仮に「そのバージョンがリリースされてから3年間、同じバージョンで運用する」というポリシーでクラウドを作ったとしましょう。その間に、5〜6バージョン、進化してしまうわけですが。以下、ちょっと未来の想像です。

[とあるクラウド その1]
- (Dev) 今度のシステムでAっちゅうライブラリ使いたいんだけど、OpenStackだと、サポートがLからなんだよね。
- (Ops) あー、うちの環境Jよ。
- (Dev) そうすか。じゃあ他のにするわ。

使われないクラウド。悲しい。これからOpenStackに対応したアプリやライブラリ、たくさん出てきそうなのに。

[とあるクラウド その2]
- (Ops) うちはJで3年間バージョン固定、長期サポートです!! アップデート作業のために環境を止めたりしません!!
- (Dev) おーいいね。決定。3年のんびりするわ。
〜3年後〜
- (Ops) 約束の3年です。長年放置したのでバージョンアップは大手術です。システム止めます!!
- (Dev) いやいやいやいや、アプリも運用も、そんな準備できてないし。

リスクの先送りと大噴火。「小さな変更をこまめに行い、リスクを最小化する。人もプロセスも、アプリの作りも、変化に強くなる。」という、最近のDevOpsなりCI/CDといったトレンドとは逆のやり口です。

アップデートの仕組みに投資したほうが建設的と思う

もちろん、OpenStackの開発が落ち着いてきたら、長期のバージョン固定サポートは価値が高いと思います。ただし、イノベーションを求めて活発に開発しているソフトでは、結局それはユーザーにとって不利益になるのではないでしょうか。

それよりは、アップデーターの開発、複数コントロールプレーンの平行運用の確立、アプリや運用でも対応するなど、「変化を受け入れる」ほうが建設的なのではと考える次第です。

最後に、最新のOpenStack User Surveyを紹介します。注目はBusiness Driverです。OpenStackを使う、動機です。

OpenStackのBusiness Driverとして、最もユーザーが重視しているのは、”Ability to innovate”なんですよね。 あまり変化なく、3年とか5年とか、言葉は悪いですが、塩漬けで使うような従来型システムとは、優先すべきところが違うのではなかろうかと。

メインフレームから、クライアント/サーバー、そしてWebと、テクノロジーリフレッシュの機会が、これまではありました。そろそろ、リフレッシュしてみませんか。

© Copyright 2019 Toru Makabe

Powered by Hugo & Kiss.