September 14, 2014

OpenStackのツール環境をImmutableに整える

タイトルは釣りです

すいません。でも、日本のどこかに、わたしを待ってる、理解し合える人がいらっしゃると思います。

なぜ必要か?

いけてるOpenStackerは、相手にするOpenStack環境がオンプレであろうがパブリッククラウドであろうが、すぐにコマンド叩いて「なるほどこの環境は。。。ニヤリ」とできるものです。そういうものです。

やりたいこと

  • OpenStack CLIなどのツールを詰め込んだ環境を、必要な時に、すぐ使いたい・作りたい
  • Windows、Macどちらでも同様の環境にしたい
  • 相手にするOpenStackがオンプレでも、パブリッククラウドでも、また、ツールがぶら下がっているネットワーク環境の違いも、設定やスクリプトで吸収
  • Windows、Mac環境を汚さない、また、汚されない
  • コマンド2、3発程度で、気軽に作って消せる
  • VMできたらすぐログイン、即OpenStack CLIが使える

方針

  • OpenStackの各種ツールを動かすOSはLinuxとし、VM上に作る
  • VagrantでWindows/Macの違いを吸収する
  • VMイメージをこねくり回さず、常にまっさらなベースOSに対し構成管理ツールでプロビジョニングを行う
  • 構成管理ツールはAnsibleを使う(本を買ったので、使いたかっただけ)

前提条件

  • Windows 8.1 & VMware Worksation 10.0.3
  • OSX 10.9.4 & VirtualBox 4.3.16
  • Vagrant 1.6.5 (VMware用ライセンス買いました)
  • ひとまずOpenStack CLIを使えるところまで作る

ではVagrantfileを見てみましょう

これがわたしが作ったVagrantfileです。見ての通りですが、以下に補足します。

  • VMwareとVirtualBoxでなるべく環境を合わせるため、opscodeのBentoで、事前にboxファイルを作ってます。ubuntu14.04としました。
  • 実行ディレクトリにprovision.shを置きます。
  • provision.shでubuntuへansibleをインストールし、追って入れたてホヤホヤのansibleで環境を整えます。
  • 実行ディレクトリ内のansibleディレクトリに、ansibleのplaybook(site.yml)と変数定義ファイル(vars/env.yml)を置きます。
  • hostsファイルには以下のようにlocalhostを定義します。

    [localhost]
    127.0.0.1 ansible_connection=local

provision.sh解説

ansibleのインストールとplaybookの実行。playbookの実行が回りくどい感じなのは、Vagrantのフォルダ同期機能でパーミッションが正しく設定できなかったゆえのワークアラウンドです。

playbook(site.yml)解説

  • varsディレクトリ配下に、環境変数を定義したenv.ymlを置きます。ここで対象のOpenStack環境を指定します。

    OS_TENANT_NAME: your_tenant_name
    OS_USERNAME: your_username
    ….

という感じで並べてください。.bashrcに追加されます。 - タイムゾーンをAsia/Tokyoにします。 - 必要なパッケージ、pipの導入後、OpenStack CLI群をインストールします。

Windowsでの実行例

Vagrant & AnsibleはMacの情報が多いので、ここではWindowsでの実行例を。PowerShellを管理者権限で起動し、Vagrantfileやprovision.sh、ansible関連ファイルが住むディレクトリでvagrant up。

PS C:\Users\hoge> vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'vmware_workstation' provider...
==> default: Cloning VMware VM: 'opscode-ubuntu1404'. This can take some time...
(snip)
==> default: TASK: [install OpenStack CLIs] ************************************************
==> default: changed: [127.0.0.1] => (item=python-neutronclient)
==> default: changed: [127.0.0.1] => (item=python-novaclient)
==> default: changed: [127.0.0.1] => (item=python-cinderclient)
==> default: changed: [127.0.0.1] => (item=python-keystoneclient)
==> default: changed: [127.0.0.1] => (item=python-swiftclient)
==> default: changed: [127.0.0.1] => (item=python-keystoneclient)
==> default: changed: [127.0.0.1] => (item=python-glanceclient)
==> default: changed: [127.0.0.1] => (item=python-troveclient)
==> default: changed: [127.0.0.1] => (item=python-designateclient)
==> default:
==> default: PLAY RECAP ********************************************************************
==> default: 127.0.0.1                  : ok=8    changed=7    unreachable=0    failed=0

うまく動いたようです。

PS C:\Users\hoge> vagrant ssh
cygwin warning:
  MS-DOS style path detected: C:/Users/hoge/.vagrant.d/insecure_private_key
  Preferred POSIX equivalent is: /cygdrive/c/Users/hoge/.vagrant.d/insecure_private_key
  CYGWIN environment variable option "nodosfilewarning" turns off this warning.
  Consult the user's guide for more details about POSIX paths:
    http://cygwin.com/cygwin-ug-net/using.html#using-pathnames
Welcome to Ubuntu 14.04 LTS (GNU/Linux 3.13.0-24-generic x86_64)

 * Documentation:  https://help.ubuntu.com/
Last login: Sun Apr 20 02:21:46 2014 from 172.16.230.1

vagrant sshでサクッとログイン。ちなみに、これだけのためにcygwin入れてます。負けは認めます。

vagrant@vagrant:~$ nova list
+----+------+--------+------------+-------------+----------+
| ID | Name | Status | Task State | Power State | Networks |
+----+------+--------+------------+-------------+----------+
+----+------+--------+------------+-------------+----------+

いきなりnovaコマンド使えます。

なおproxy環境下では、/etc/apt/apt.conf、.bashrcやplaybookにproxy設定をするよう、provision.shとplaybook(site.yml)をいじれば動くと思います。まだやってませんが。

© Copyright 2019 Toru Makabe

Powered by Hugo & Kiss.