May 5, 2014

Vagrant HP Public Cloud Pluginを試す

みんな大好きHashiCorp

クラウド界隈のデベロッパーから熱く注目されているHashiCorp。PackerSerfConsulと立て続けにイカしてる製品をリリースしております。まあ小生は、正直なところConsulあたりから置いてかれてますが。でも、やはり代表作はVagrantでしょう。vagrant up! vagrant destroy! いやー気軽でいいですね。

VagrantはローカルのVirtualBoxやVMwareの他に、Providerとしてパブリッククラウドを選択できるのも魅力です。そこで当エントリではHP Public Cloud向けのVagrant Pluginを試してみます。

前提条件

  • Vagrant 1.5.4
  • vagrant-hp 0.1.4
  • HP Public Cloud (2014/5/5)

プラグインのインストールと前準備

Githubを見て、プラグインのインストールとboxファイルの作成を行ってください。boxファイルがない状態でvagrant upすると怒られます。

ではVagrantfileを見てみましょう

これがわたしが作ったVagrantfileです。見ての通りですが、以下に補足します。2014/5/5時点、Githubの説明には若干のトラップがありますのでご注意を。

  • イメージにUbuntu 14.04 LTSを使う例です。
  • Availability Zoneパラメータには、Regionを指定してください。おっぷ。ここでちょいハマった。
  • Security Groupは任意ですが、sshしたい場合はsshを通すSecurity Groupを指定してください。
  • Floating IPは任意ですが、外部ネットワークからsshしたいときは必須です。
  • ネットワーク指定は任意ですが、複数ネットワークを有している場合は、いずれか指定してください。

それではさっそくvagrant up

$ vagrant up --provider=hp
Bringing machine 'default' up with 'hp' provider...
WARNING: Nokogiri was built against LibXML version 2.8.0, but has dynamically loaded 2.9.1
==> default: Warning! The HP provider doesn't support any of the Vagrant
==> default: high-level network configurations (`config.vm.network`). They
==> default: will be silently ignored.
==> default: Finding flavor for server...
==> default: Finding image for server...
==> default: Finding floating-ip...
==> default: Launching a server with the following settings...
==> default:  -- Flavor: standard.xsmall
==> default:  -- Image: Ubuntu Server 14.04 LTS (amd64 20140416.1) - Partner Image
==> default:  -- Name: hogehoge
==> default:  -- Key-name: your_keypair_name
==> default:  -- Security Groups: ["default", "http"]
==> default: Finding network...
==> default: Waiting for the server to be built...
==> default: Waiting for SSH to become available...
==> default: Machine is booted and ready for use!
==> default: Rsyncing folder: /your_path/data/ => /vagrant/data

できたっぽい。–provider=hpを忘れずに。

間髪入れずにvagrant ssh

$ vagrant ssh
WARNING: Nokogiri was built against LibXML version 2.8.0, but has dynamically loaded 2.9.1
Welcome to Ubuntu 14.04 LTS (GNU/Linux 3.13.0-24-generic x86_64)

* Documentation:  https://help.ubuntu.com/

System information disabled due to load higher than 1.0

Get cloud support with Ubuntu Advantage Cloud Guest:
    http://www.ubuntu.com/business/services/cloud

0 packages can be updated.
0 updates are security updates.


ubuntu@hogehoge:~$ ls /vagrant/data
test.txt

フォルダ同期も効いてますね。んー、楽ちん。

それではお楽しみ下さい。

© Copyright 2019 Toru Makabe

Powered by Hugo & Kiss.