April 17, 2016

AzureとDockerでDeep Learning(CNTK)環境をサク作する

気軽に作って壊せる環境を作る Deep Learning環境設計のお手伝いをする機会に恵まれまして。インフラおじさんはDeep Learningであれこれする主役ではないのですが、ちょっとは中身を理解しておきたいなと思い、環境作ってます。 試行錯誤するでしょうから、萎えないようにデプロイは自動化します。 方針 インフラはAzure Resource Manager Templateでデプロイする Linux (Ubuntu 14.04) VM, 仮想ネットワーク/ストレージ関連リソース CNTKをビルド済みのdockerリポジトリをDocker Hubに置いておく Dockerfileの元ネタはここ GPUむけもあるけどグッと我慢、今回はCPUで Docker Hub上のリポジトリは torumakabe/cntk-cpu ARM TemplateデプロイでVM Extensionを仕込んで、上物のセットアップもやっつける docker extensionでdocker engineを導入 custom script extensionでdockerリポジトリ(torumakabe/cntk-cpu)をpull VMにログインしたら即CNTKを使える、幸せ 使い方 Azure CLIでARM Templateデプロイします。WindowsでもMacでもLinuxでもOK。 リソースグループを作ります。 C:\Work> azure group create CNTK -l "Japan West" ARMテンプレートの準備をします。テンプレートはGithubに置いておきました。 azuredeploy.json 編集不要です azuredeploy.parameters.json テンプレートに直で書かきたくないパラメータです fileUris、commandToExecute以外は、各々で fileUris、commandToExecuteもGist読んでdocker pullしているだけなので、お好みで変えてください ファイル名がazuredeploy.parameters.“sample”.jsonなので、以降の手順では”sample”を外して読み替えてください うし、デプロイ。 Read more

© Copyright 2019 Toru Makabe

Powered by Hugo & Kiss.