September 5, 2017

Azure Event GridでBlobイベントを拾う

Event GridがBlobに対応 Event GridがBlobのイベントを拾えるようになりました。まだ申請が必要なプライベートプレビュー段階ですが、使い勝手の良いサービスに育つ予感がします。このたび検証する機会があったので、共有を。 プレビュー中なので、今後仕様が変わるかもしれないこと、不具合やメンテナンス作業の可能性などは、ご承知おきください。 Event GridがBlobに対応して何がうれしいか Event Gridは、Azureで発生した様々なイベントを検知してWebhookで通知するサービスです。カスタムトピックも作成できます。 イベントの発生元をPublisherと呼びますが、このたびPublisherとしてAzureのBlobがサポートされました。Blobの作成、削除イベントを検知し、Event GridがWebhookで通知します。通知先はHandlerと呼びます。Publisherとそこで拾うイベント、Handlerを紐づけるのがSubscriptionです。Subscriptionにはフィルタも定義できます。 Event Gridに期待する理由はいくつかあります。 フィルタ 特定のBlobコンテナーにあるjpegファイルの作成イベントのみで発火させる、なんてことができます 信頼性 リトライ機能があるので、Handlerが一時的に黙ってしまっても対応できます スケールと高スループット Azure Functions BlobトリガーのようにHandler側で定期的にスキャンする必要がありません。これまではファイル数が多いとつらかった 具体的な数値はプレビュー後に期待しましょう ファンアウト ひとつのイベントを複数のHandlerに紐づけられます Azureの外やサードパーティーとの連携 Webhookでシンプルにできます 前提条件 Publisherに設定できるストレージアカウントはBlobストレージアカウントのみです。汎用ストレージアカウントは対応していません 現時点ではWest Central USリージョンのみで提供しています プライベートプレビューは申請が必要です Azure CLIの下記コマンドでプレビューに申請できます。 az provider register --namespace Microsoft.EventGrid az feature register --name storageEventSubscriptions --namespace Microsoft.EventGrid 以下のコマンドで確認し、statusが”Registered”であれば使えます。 az feature show --name storageEventSubscriptions --namespace Microsoft.EventGrid 使い方 ストレージアカウントの作成からSubscription作成までの流れを追ってみましょう。 Read more

© Copyright 2019 Toru Makabe

Powered by Hugo & Kiss.