December 22, 2018

GitHub ActionsでAzure CLIとkubectlを動かす

(注: 2019/8/19追記) GitHub Actionsのワークフロー定義について、HCLからYAMLへの移行が発表されました。記事は更新しません。移行方法は以下を参考にしてください。 Migrating GitHub Actions from HCL syntax to YAML syntax GitHub Actionsのプレビュー招待がきた ので試します。プレビュー中なので細かいことは抜きに、ざっくりどんなことができるか。 GitHub Actions 数時間、触った印象。 GitHubへのPushなどイベントをトリガーにWorkflowを流せる シンプルなWorkflow記法 (TerraformのHCLに似ている) Workflowから呼び出すActionはDockerコンテナー Dockerコンテナーをビルドしておかなくてもいい (Dockerfileをリポジトリに置けば実行時にビルドされる) Dockerに慣れていて、ちょっとしたタスクの自動化を、GitHubで完結したい人に良さそうです。 Azure CLI/Kubernetes(AKS) kubectlサンプル こんなことを試してみました。 KubernetesのマニフェストをGitHubリポジトリへPush PushイベントをトリガーにWorkflowを起動 Azure CLIを使ってAKSクラスターのCredentialを取得 イベント発生元がmasterブランチであれば継続 kubectl applyでマニフェストを適用 kubectlを制限したい、証明書を配るのめんどくさい、なのでGitHubにPushされたらActionsでデプロイ、ってシナリオです。がっつり使うにはまだ検証足らずですが、ひとまずできることは確認しました。 コードは ここ に。 ディレクトリ構造は、こうです。 . ├── .git │ └── (省略) ├── .github │ └── main.workflow ├── LICENSE ├── README.md ├── azure-cli │ ├── Dockerfile │ └── entrypoint. Read more

© Copyright 2019 Toru Makabe

Powered by Hugo & Kiss.