August 25, 2016

OMSでLinuxコンテナのログを分析する

OMS Container Solution for Linux プレビュー開始 OMS Container Solution for Linuxのプレビューがはじまりました。OMSのログ分析機能は500MB/日のログ転送まで無料で使えるので、利用者も多いのではないでしょうか。 さて、このたびプレビュー開始したLinuxコンテナのログ分析機能、サクッと使えるので紹介します。まだプレビューなので、仕様が変わったらごめんなさい。 何ができるか、とその特徴 Dockerコンテナに関わるログの収集と分析、ダッシュボード表示 収集データの詳細 - Containers data collection details 導入が楽ちん OMSエージェントコンテナを導入し、コンテナホスト上のすべてのコンテナのログ分析ができる コンテナホストに直接OMS Agentを導入することもできる 1がコンテナ的でいいですよね。実現イメージはこんな感じです。 これであれば、CoreOSのような「コンテナホストはあれこれいじらない」というポリシーのディストリビューションにも対応できます。 では試しに、1のやり口でUbuntuへ導入してみましょう。 手順 OMSのログ分析機能を有効化しワークスペースを作成、IDとKeyを入手 (参考) Azureのサブスクリプションを持っている場合、”Microsoft Azure を使用した迅速なサインアップ“から読むと、話が早いです OMSポータルのソリューションギャラリーから、”Containers”を追加 UbuntuにDockerを導入 参考 現在、OMSエージェントが対応するDockerバージョンは 1.11.2までなので、たとえばUbuntu 16.04の場合は sudo apt-get install docker-engine=1.11.2-0~xenial とするなど、バージョン指定してください OMSエージェントコンテナを導入 先ほど入手したOMSのワークスペースIDとKeyを入れてください sudo docker run --privileged -d -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock -e WSID="your workspace id" -e KEY="your key" -h=`hostname` -p 127. Read more

© Copyright 2019 Toru Makabe

Powered by Hugo & Kiss.