February 11, 2016

Azure Blob Upload ツール別ベンチマーク

同じ目的を達成できるツールがたくさん やりたいことがあり、それを達成する手段がたくさん。どう選ぼう。じゃあ特徴を知りましょう。という話です。 端末からAzureへファイルをアップロードする手段は多くあります。CLIツール、GUIツール、SDKで自作する、etc。 そして、端末と、そのおかれている環境も多様です。Windows、Mac。有線、無線。 で、大事なのは平行度。ブロックBlobはブロックを平行に転送する方式がとれるため、ツールが平行転送をサポートしているか? どのくらい効くのか? は重要な評価ポイントです。 なので、どのツールがおすすめ?と聞かれても、条件抜きでズバっとは答えにくい。そしてこの質問は頻出。なのでこんな記事を書いています。 環境と測定方式 おそらくファイルを送る、という用途でもっとも重視すべき特徴は転送時間でしょう。ではツール、環境別に転送時間を測定してみます。 環境は以下の通り。 Windows端末 Surface Pro 4 Core i7/16GB Memory/802.11ac 1Gbps Ethernet (USB経由) Windows 10 (1511) Mac端末 Macbook 12inch Core M/8GB Memory/802.11ac USB-C… 有線テストは省きます El Capitan Wi-Fiアクセスポイント/端末間帯域 100~200Mbpsでつながっています Azureデータセンタまでの接続 日本マイクロソフトの品川オフィスから、首都圏にあるAzure Japan Eastリージョンに接続 よってWAN側の遅延、帯域ともに条件がいい 対象ツール AzCopy v5.0.0.27 (Windowsのみ) Azure CLI v0.9.15 Azure Storage Explorer - Cross Platform GUI v0.7 転送ファイル Ubuntu 15. Read more

© Copyright 2019 Toru Makabe

Powered by Hugo & Kiss.