October 8, 2017

Azure VPN Gateway Active/Active構成のスループット検証(リージョン内)

動機 焦げlogさんで、とても興味深いエントリを拝見しました。 Azure VPN ゲートウェイをアクティブ/アクティブ構成した場合にスループットが向上するのか検証してみました 確かにActive/Active構成にはスループット向上を期待したくなります。その伸びが測定されており、胸が熱くなりました。ですが、ちょっと気になったのは ※それと、VpnGw3 よりも VpnGw2 のほうがスループットがよかったのが一番の謎ですが… ここです。VPN GatewayのSKU、VpnGw3とVpnGw2には小さくない価格差があり、その基準はスループットです。ここは現状を把握しておきたいところ。すごく。 そこで、焦げlogさんの検証パターンの他に、追加で検証しました。それは同一リージョン内での測定です。リージョン内でVPNを張るケースはまれだと思いますが、リージョンが分かれることによる 遅延 リージョン間通信に関するサムシング を除き、VPN Gateway自身のスループットを測定したいからです。焦げlogさんの測定は東日本/西日本リージョン間で行われたので、その影響を確認する価値はあるかと考えました。 検証方針 同一リージョン(東日本)に、2つのVNETを作る それぞれのVNETにVPN Gatewayを配置し、接続する 比較しやすいよう、焦げlogさんの検証と条件を合わせる 同じ仮想マシンサイズ: DS3_V2 同じストレージ: Premium Storage Managed Disk 同じOS: Ubuntu 16.04 同じツール: ntttcp 同じパラメータ: ntttcp -r -m 16,*, -t 300 送信側 VNET1 -> 受信側 VNET2 のパターンに絞る スループットのポテンシャルを引き出す検証はしない 結果 VpnGW1(650Mbps) パターン  送信側GW構成  受信側GW構成  送信側スループット  受信側スループット スループット平均 パターン1との比較 パターン1  Act/Stb Act/Stb 677. Read more

© Copyright 2019 Toru Makabe

Powered by Hugo & Kiss.