23 Mar 2016, 13:00

Azure & Terraform エラーコード429の対処法

Share

Terraformer増加に備えて

2016/3/21にリリースされたTerraform v0.6.14で、Azure Resource Manager ProviderのリソースにVMとテンプレートデプロイが追加されました。待っていた人も多いのではないでしょうか。

追ってHashicorp認定パートナーのクリエーションラインさんから導入・サポートサービスがアナウンスされましたし、今後AzureをTerraformでコントロールしようという需要は増えそうです。

エラーコード429

さて、TerraformでAzureをいじっていると、下記のようなエラーに出くわすことがあります。

Error applying plan:

1 error(s) occurred:
azurerm_virtual_network.vnet1: autorest:DoErrorUnlessStatusCode 429 PUT https://management.azure.com/subscriptions/my_subscription_id/resourceGroups/mygroup/providers/Microsoft.Network/virtualnetworks/vnet1?api-version=2015-06-15 failed with 429

autorestがステータスコード429をキャッチしました。RFC上で429は“Too many requests”です。何かが多すぎたようです。

対処法

もう一度applyしてください

冪等性最高。冪等性なんていらない、という人もいますが、こういうときはありがたい。Terraformが作成に失敗したリソースのみ再作成します。

背景

エラーになった背景ですが、2つの可能性があります。

  1. APIリクエスト数上限に達した
  2. リソースの作成や更新に時間がかかっており、Azure側で処理を中断した

1. APIリクエスト数上限に達した

Azure Resource Manager APIには時間当たりのリクエスト数制限があります。読み取り 15,000/時、書き込み1,200/時です。

Azure サブスクリプションとサービスの制限、クォータ、制約

Terraformは扱うリソースごとにAPIをコールするので、数が多い環境で作って壊してをやると、この上限にひっかかる可能性があります。

長期的な対処として、Terraformにリトライ/Exponential Backoffロジックなどを実装してもらうのがいいのか、このままユーザ側でシンプルにリトライすべきか、悩ましいところです。

ひとまずプロダクトの方針は確認したいので、Issueに質問をあげておきました

2. リソースの作成や更新に時間がかかっており、Azure側で処理を中断した

Terraform側ではエラーコードで判断するしかありませんが、Azureの監査ログで詳細が確認できます。

わたしが経験したエラーの中に、こんなものがありました。

Cannot proceed with operation since resource /subscriptions/GUID/resourceGroups/xxxx/providers/Microsoft.Network/networkSecurityGroups/yyy allocated to resource /subscriptions/GUID/resourceGroups/***/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/yyy is not in Succeeded state. Resource is in Updating state and the last operation that updated/is updating the resource is PutSecurityRuleOperation. 

Too many requestsというよりは、リソースのアップデートが終わってないので先に進めない、という内容です。

Too many requestsをどう解釈するかにもよりますが、ちょっと混乱しますね。この問題はFeedbackとしてあがっています

でも安心してください。もう一度applyしてください

(2016/3/25 追記) 回避策を別エントリに書きました