25 Mar 2016, 22:50

Azure & Terraform Tips (ARM対応 2016春版)

Share

俺の屍を越えていけ

今週リリースされたTerraform v0.6.14で、Azure Resource Manager ProviderのリソースにVMとテンプレートデプロイが追加されました。この週末お楽しみ、という人も多いかもしれません。

小生、v0.6.14以前から触っていたこともあり、土地勘があります。そこで現時点でのTipsをいくつかご紹介します。

この3つは触る前から意識しよう

  1. ARMテンプレートリソースは分離して使う
  2. リソース競合したら依存関係を定義する
  3. 公開鍵認証SSH指定でエラーが出ても驚かない

1. ARMテンプレートリソースは分離して使う

v0.6.14で、リソース“azurerm_template_deployment”が追加されました。なんとARMテンプレートを、Terraformの定義ファイル内にインラインで書けます。

でも、現時点の実装では、おすすめしません。

ARMテンプレートのデプロイ機能とTerraformで作ったリソースが不整合を起こす

避けるべきなのは”Complete(完全)“モードでのARMテンプレートデプロイです。なぜなら完全モードでは、ARM リソースマネージャーは次の動きをするからです。

リソース グループに存在するが、テンプレートに指定されていないリソースを削除します

つまり、ARMテンプレートで作ったリソース以外、Terraform担当部分を消しにいきます。恐怖! デプロイ vs デプロイ!!。リソースグループを分ければ回避できますが、リスク高めです。

タイムアウトしがち

それでもTerraformの外でARMテンプレートデプロイは継続します。成功すれば結果オーライですが…Terraform上はエラーが残ります。「ああそれ無視していいよ」ではあるのですが、割れ窓理論的によろしくないです。

せっかくのリソースグラフを活用できない

Terraformはグラフ構造で賢くリソース間の依存関係を管理し、整合性を維持しています。サクサク apply & destroyできるのもそれのおかげです。ARMテンプレートでデプロイしたリソースはそれに入れられないので、もったいないです。

読みづらい

Terraform DSLにJSONが混ざって読みにくいです。Terraform DSLを使わない手もありますが、それでいいのかという話です。

それでも”terraformコマンドに操作を統一したい”など、どうしても使いたい人は、ARMテンプレート実行部は管理も実行も分離した方がいいと思います。

2. リソース競合したら依存関係を定義する

Terraformはリソース間の依存関係を明示する必要がありません。ですが、行き届かないこともあります。その場合は“depends_on”で明示してあげましょう。

例えば、以前のエントリで紹介した下記の問題。

Error applying plan:

1 error(s) occurred:
azurerm_virtual_network.vnet1: autorest:DoErrorUnlessStatusCode 429 PUT https://management.azure.com/subscriptions/my_subscription_id/resourceGroups/mygroup/providers/Microsoft.Network/virtualnetworks/vnet1?api-version=2015-06-15 failed with 429


Cannot proceed with operation since resource /subscriptions/GUID/resourceGroups/xxxx/providers/Microsoft.Network/networkSecurityGroups/yyy allocated to resource /subscriptions/GUID/resourceGroups/***/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/yyy is not in Succeeded state. Resource is in Updating state and the last operation that updated/is updating the resource is PutSecurityRuleOperation. 

HTTPステータスコード429(Too many requests)が返ってきているのでわかりにくいですが、実態はセキュリティーグループリソースの取り合いです。

  • サブネットリソース作成側: サブネットを新規作成し、セキュリティーグループを紐付けたい
  • セキュリティーグループルール作成側: ルールをセキュリティーグループに登録したい(更新処理)

この2つが並行してセキュリティーグループを取り合うので、高確率でエラーになります。セキュリティーグループルールはリソースの新規作成でなく、セキュリティーグループの更新処理であるため「リソースを作成したら/存在したら次にすすむ」というTerraformのグラフでうまく表現できないようです。

そのような場合、明示的に依存関係を”depends_on”で定義します。

# Create a frontend subnet
# "depends_on" arg is a workaround to avoid conflict with updating NSG rules 
resource "azurerm_subnet" "frontend" {
    name = "frontend"
    resource_group_name = "${var.resource_group_name}"
    virtual_network_name = "${azurerm_virtual_network.vnet1.name}"
    address_prefix = "${var.vnet1_frontend_address_prefix}"
    network_security_group_id = "${azurerm_network_security_group.frontend.id}"
    depends_on = [
        "azurerm_network_security_rule.fe_web80",
        "azurerm_network_security_rule.fe_web443",
        "azurerm_network_security_rule.fe_ssh"
    ]
}

これでサブネット作成処理は、セキュリティーグループルール登録完了まで、作成処理開始を待ちます。美しくないですが、当面の回避策です。

3. 公開鍵認証SSH指定でエラーが出ても驚かない

TerraformはLinux VMの定義で、公開鍵認証SSHを指定できます。こんな感じで。

os_profile_linux_config {
    disable_password_authentication = true
    ssh_keys {
        path = "/home/${var.adminuser}/.ssh/authorized_keys"
        key_data = "${file("/Users/you/.ssh/yourkey.pem")}"
    }
}

が、エラーが返ってきます。

[DEBUG] Error setting Virtual Machine Storage OS Profile Linux Configuration: &errors.errorString{s:"Invalid address to set: []string{\"os_profile_linux_config\", \"12345678\", \"ssh_keys\"}"}

残念ながら、Terraformが使っているAzure SDK(Golang)のバグです。

妥当性チェックのエラーで、実際にはキーの登録はできているようです。私は何度か試行してすべて公開鍵SSHログインに成功しています。

Issueとして認識されていますので、修正を待ちましょう。